今もっとも熱い!チニングロッドランキング超厳選トップ3


おすすめといわれるとしこたま迷ってしまいますが有名な釣具屋さんで売れ筋になっているものを独自に調査し自分の使ってみた主観的な感想も踏まえてチニングに最適なロッドとしてご紹介したいロッドをランキング形式にしてみました。

これからチニングをはじめる方の参考になれば幸いです。
 ダイワシルバーウルフ AIR AGS
1位と2位とではものすごく迷いましたがやっぱりこれから1本揃えるならこの1本でしょう!
近年で最高のナノカーボンを使用した軽さと強靭でいてしなやかなバッド部分はやはりイチオシです。

 シマノブレニアス
なんといってもこの見た目!!カッコイイしこれまでにチニングが流行しはじめて各社がいろんなロッドを出してくる前から発売していたものなのにその見た目と持つ性能は今なお衰えることがない本当に良くできたロッドです。

 オリムピックシルベラード
最近流行しているソルトウォーターでのベイとフィネスモデルで最高峰でしょう!手返しのよさと感度のよさはスピニングの比ではありません。キャストの仕方さえなれてしまえば護岸など浅場のチニング近距離戦ではこれにかなうものはいない気がします。

ここまでが私のおすすめロッドです。絞りきれなくてごめんなさい3位までのランキングです。

ほかにもいっぱいロッドはあるので、自分でお気に入りの1本をもっと数ある中から探してみたいと思う人は下記のさいとからどうぞ↓
【参考サイト】
チヌ(黒鯛)ルアー釣りを知り尽くした漢のおすすめチニングロッド

チニングやるなら絶対釣りたいチヌ(黒鯛)のポッパーゲームに必要なアイテム


チヌをポッパーで狙うためのタックルですが普通のチヌのエサ釣り用の磯竿とかじゃ長すぎるしティップが柔らかすぎて動かしにくいのでせめてルアーロッドがいいです。

ルアー用のタックルなら、チヌ用じゃなくてもバス用から、少し硬めのアジングやメバリング・ロッドでもいいですし、柔らかめのMLかLタイプのエギング・ロッドでもチヌのポッパーでは代用できます。

ボトムズルと違って底取りしないのでそこまでティップから伝わる感度を気にしなくても、ポッパーの動かしやすさ=アクションの付けやすさを優先させたほうがいいです。

タックルで肝心のポッパー自体の選び方は、これはもう好みで!使ってみると意外と動かしにくかったり、人から「釣れる」って言われても自分が好きじゃないタックルで投げていても釣っている間なにひとつ楽しくないので

自分で、「これは釣れる!」、「これで釣りたい」っていうポッパーを信じて使い続けるのがイチバンです。なぜならチヌも釣ってる人が楽しんでない疑似餌見ても美味しそうに食ってはこないでしょうから(笑)

ラインは吸い込みの良い伸びるナイロンがいいとか言いますがほぼ関係ないと私は思っています。バス用のベイトタックルでチヌ・ポッパーやるならそのままフロロで充分ですし、普段のスピニングでPE使っているのならリーダーをあるならナイロンに変えるとか。その程度でいいです。動かしやすいロッドと、それに見合ったリール、好きなポッパー。これでチヌのポッパーの攻略するタックルは充分です。
チニングポッパー屋さんが教えるおすすめ

年中釣れる!?チニングの時期による異なる狙い方


チニング ルアーは基本的にマチヌ(黒鯛)、キビレチヌの種類に限らず春、夏、秋、冬問わず年中釣れます。どの季節でも楽しめるルアー釣りっていうことがライトで今人気のヒミツになっている気がします。その季節ごとに合わせた楽しみ方ができるチニング ルアーをご紹介します。
●春春は乗っ込み期(産卵期)に入り、エサを荒食いする時期にはいり早いところでは3月下旬~5月下旬まで水温と気温が高くなるころ(人にもぽかぽか陽気が増えてきたなと感じるころ)になると釣れ始めます。
●夏6月梅雨の時期を過ぎると待ちに待ったチニング ルアー釣りのハイシーズンの到来です!昼間のシャローでもポッパーなどのトップで釣れ出したり。年中で一番釣れる時期にはいります。
●秋まだまだ釣れますが、だんだん水温が低くなるにつれ個体数は変わらないけれど活性が落ちます。「軽いアタリはあるんだが乗らない…。」こんなチニング ルアー時期に入ります食い込みの良いティップのロッド(アジやメバル用もいい)と小さめで食い込みの良いワームとフックにしていくと釣れ易いです。
●冬チニング ルアーにとっても厳しい時期に入ります。が水温の高い深場や温排水の通る場所に居つくようになります。水温の高い深場を狙うには重めのルアーに遠投が可能なレングスの長いロッドが有効的です。
【参考サイト】
チニングの時期釣れるシーズン