釣りが好きになるきっかけを作る初級者に伝えたいチニング最初の道具選び


気軽に楽しめるライトソルトウォーターとして近年一気に広まってきたチニング ルアー釣り=通称チニングチヌとは関西より西の方の呼び名で黒鯛およびキビレを総称してこう呼びます。エサ釣りよりも簡単な仕掛けで、手軽なライトタックル(ロッド・リール)ではじめられるのが広く知られ普及した要因です。●まずはタックルを揃えるチニングの特性上、硬いシーバスロッドなどではティップが硬すぎてややオーバースペック。慣れた人なら底取りも上手くいきますが初心者の方には少し困難です。1万円弱の安価なチニング専用ロッドもたくさん出回っていますがML以上の固め(適応ルアーが10~15gくらいの)メバリングロッドか、Lタイプ柔らか目のエギングロッドでも代用できます。リールは2000番~3000番クラス近年ベイとタックルでのチニングも広まってきていますが初心者の方には扱いが難しいので最初はスピニングで充分釣れます。というか、ずっとスピニングだけでもチニングのルアー釣りはまったく問題なく可能です。●基本的な釣り方をマスターする一番釣れやすくて、チニングの基本の釣り方といえばジグヘッドにワームをつけたボトムのズル引きです。まずは投げてジグが底についてリーリングしはじめたときから手元に来るまでの間底を切らさずに(底を這わせたまま)、地形のゴツゴツ間をロッドとリールで感じ取れるようになるのがチニングのルアー釣りの最初の課題になります。それさえできたらあとはゆっくりと巻くだけ。慣れてくるとチニングには、ハイシーズンになると水面を這わせるポッパーというプラグをつかったトップウォーターゲームもあったり、ミノーを改造したMリグここ2~3年の間に登場したバスフィッシングでおなじみのクランクをつかった釣りなどほかにも幅広い釣り方ができます。